chukei-best2005

chukei-best2005

私は6年くらい前に、当時付き合っていた彼氏がいてました。彼はいわゆる私のヒモ状態になっていたのです。きっかけは、付き合って数週間で働いていた会社をいきなり辞めたのです。
私が一人暮らししていた家にころがりこんできました。当時は一緒に居れるならいいかという考えだったのですが、途中からお金をせびるようになってきてそこから嫌気がさしていました。
でも、好きだったので貸してと言われたら断れず、毎日のように貸していました。私はお金持ちなんかじゃなく普通のフリーター。家賃なども自分ではらっていたし手元に残るお金なんてほとんどない状態で貸していたのでお金が無くなりました。本当に困っていたら、教習所に行ったときにキャッシュカードを作ったのを思い出したのです。
私はそれを使って買い物をするようになったのです。リボ払いと言って月の支払いを一定にして入ればどれだけ購入しても少ししか返さなくていい。そんな浅はかな考えからどんどん残高が増えていきました。
ある日、いつものように買い物をしようとしたらこのカードは使えませんとレジで言われたのです。おかしいと思いカード会社に電話をしてみると、なんと上限額を超えてしまったそう。私の上限額は40万くらいでした。私はその瞬間からこわくなり使うのをやめました。
返済は月5000円ほど。計算しても何年もかかります。なので月の支払いを2万にあげたのですが、生活費がなく本当に苦しい生活を余儀なくされました。そこから数年たち、やっとローンから解放されたのですが、生きた心地がしませんでした。もうカードの利用はしません。

続きを読む≫ 2016/10/14 16:50:14

借りたお金が返せないなどのお金の問題は知人に相談しにくいですね。でも策がなくて何とか借金の問題を解決する知恵をかりたい時には専門家に相談したいものです。そこで無料で借金の相談ができる機関について解説します。

 

・日本弁護士連合会や日本司法書士会連合会
借金の事について専門家の力を借りたいという時には、日本弁護士連合会や日本司法書士会連合会に相談してみると良いでしょう。名の通りに日本弁護士連合会なら、弁護士が相談に乗ってくれて、日本司法書士会連合会では司法書士が相談を引き受けてくれます。
日本弁護士連合会の場合には原則としては相談料は有料になりますが、借金問題に関しては初回は相談料がかからないというところもあります。
日本司法書士会連合会の場合には相談料はかかりません。

 

・国民生活センター
国民生活センターは消費生活センターと連携していて、消費生活に関しての調査や情報提供をしています。相談できる内容は複数ですが借金の事ももちろん相談を受け付けています。相談方法は主に2パターンです。1つは最寄りの消費生活センターへ連絡、もう1つは多重債務相談会に参加するです。業者とのトラブルに困っていたら消費生活センターに相談して、多重債務などの特に深刻な事態になっている人は、多重債務相談会に参加すると良いでしょう。消費生活センターは全国に存在します。受け付けは朝の早い時間や夜は受付していませんので、だいたい9時くらいから16時くらいの間に電話してみると良いでしょう。借金の問題を誰にも相談する事無く、一人で抱えていると不安が重くのしかかります。一度無料の相談を利用してみる事も考えてみてもいいでしょう。

 

・借金減額診断(無料WEBサービス)

この借金減額診断は、PCやスマホから簡単に、あなたの借金がいくら減るか診断してくれる無料サービスだ。
あなたの今の借入件数や総額。
そういった状況を打ち込むだけで、すぐさま教えてくれるのだ。
しかも、匿名でもOKだから、やりやすい。
引用元:借金返済がもう限界だった私が4ヶ月後…こうなった!この方法で

続きを読む≫ 2016/09/28 14:52:28

これまでに私は何回か借金をした事があるのですがそのうちの何回かは借金をしてかなり怖いと思いました。それはどういう事かというと私は以前は借金をするなら利息の掛からない方法として友人や知人から借金をするのが良いと思っていました。

 

ですが、実際に友人や知人から借金をすると思った以上に怖いと思いました。というのも
実際に友人や知人から借金しても少しも良い事がないと思ったからです。

 

それどころかある意味闇金から借金をする以上に怖いと思いました。それはどうしてかというと、確かに闇金から借金をすればかなり怖いで。ですが、闇金の場合は所詮利息の支払いをしていれば何も怖くないです。

 

ですが、友人や知人から借金をすれば利息の支払いは不要ですがそれ以上に怖い事があると思いました。それは一体何かというと友人や知人から借金をすればそれだけで周囲の人から冷たい視線でその後見られるようになります。

 

それはいくら借金を返済したとしても同じ事で友人や知人から借金をするという事は消費者金融から借金をするのとは違ってお金を借りるという事自体が悪だと思われるのでその後の関係は確実に悪化します。

 

ですから、私は借金をするのは消費者金融やカードローン会社からお金を借りるよりも
友人や知人から借りる方が怖いと思いました。

 

なので私は以前は借金をするのは友人や知人から借金をするよりも消費者金融等からする方が嫌だと思っていましたが今では全く逆だと思っています。

続きを読む≫ 2016/09/25 15:01:25

借金をすることを推奨するわけではありませんが、人生には借金が必要なことがあったり、起こったりすることは少なくありません。借金をすることを頭から否定する人がいますが、借金をしなければならない時に躊躇することは借金しないよりも損失を被ることもあることを考えなければなりません。
ただし、借金をするということは利息をプラスして返済しなければならないことを意味します。自分が借りた金額以上の金額を返済しなければならないのです。そうなれば、借金をするときに考えなければならないことがわかってきます。それはなるべく利息を払わない、利息を少なくする借金の返済を考えることです。そのために私が謝金をしなければならない時に実践しているのは2つのことです。
一つ目は借金をするときは最小限の金額にすることです。手持ちのお金をたくさん残すということは借金の金額を多くすることで、利息がかさんでしまいます。手持ちお金をゼロにするというわけではありませんが、手持ちのお金は最小限にして借金の金額を抑えることを優先するのです。
もう一つは返済は考えるよりも少し多めに返済をします。あまり無理のない返済をすることを推奨されることも多いですが、多い目の返済を設定しておけばその金額を返済できるように動けることのほうが多いのです。それによって返済が早期に終了することは結局は後ほど大きなメリットとなって自分に帰ってきます。ただし、多い目とは言っても少しだけにしておくことは必要です。

続きを読む≫ 2016/09/24 11:15:24

お金は多くの方にとっても大変重要な問題となります。
いかにして多くの金銭的な問題から自分を解放するかは大変重要な問題となります。
普段から自分らしい人生をいかにして満足のいくものとするかどうかは、その人の金銭に関する意識と大きく関係してきますので、いかにして堅実な生活を行っていくかに関しては十分な注意を払っていきましょう。
より多くの金銭的な問題に関して多くの関心を持って臨んでいけるかどうかは大変重要な問題となります。
しかし、お金がない生活というのは本当にその人の人生を大きく左右します。自分の好きな物を購入したり多くの楽しみを得る事は大変重要な問題となります。
いかにして多くの楽しみを得るかは大変重要な事となります。
しかし、普段の生活の中できちんと貯蓄を行っていけるかどうかはとても重要な問題となります。
人生には多くの局面があります。
その中で貯蓄が自分の人生を助ける事も多いのでその点を考えて自分の人生を満足させる事は大変重要な問題となります。
万が一の失業の際に貯蓄がない人生は大変多くの不幸な結末をその人の人生に与える事も十分に考えられます。
いかにしてこのような不幸から自分の身を守っていけるかどうかは日頃の自分の意識と大きく関係してきます。
毎日の生活に苦慮しながら生きる人生はその人の精神状態においてもあまり良い影響を与える事はありません。
自分の人生をいかにして満足させるかどうかはいかにお金の有り難みをきちんと認識するかに大きく関係してくるのです。

続きを読む≫ 2016/09/22 18:46:22

ホーム RSS購読 サイトマップ